11・用語集と対応地域 ☆検証☆簿記3級 最短合格バイブル・レビュー

logo4.jpg

目次
1・序章

2・このマニュアルの構成は?

3・このマニュアルの再現性は?

4・費用はかかるのか?

5・時間がない人にも出来るのか?

6・デメリットはあるのか?

7・類似商材と比べてどちらが良いのか?

8・やらないとどうなる?

9・簿記に関する無料冊子のご案内

10・ご質問はこちら

11・用語集と対応地域



11・用語集と対応地域

(1)用語集

<日商簿記検定試験>

簿記の知識は、経理事務や、財務会計部門に限らず、
現在や将来の利益を計る財務諸表や企業会計の法規を理解し、
経営管理・経営分析を行うための基礎技能です。

この技能の修得により、事業収支の分析や企画書の作成など
さまざまなビジネスシーンで活用できます。

多くの企業が採用や人事異動の判断に活用したり、
自己啓発として取得を奨励しています。

<日商簿記検定試験3級のレベル>

財務担当者に必須の基本知識が身につき、商店、中小企業の
経理事務に役立つ。
経理関連書類の読み取りができ、取引先企業の経営状況を
数字から理解できるようになる。
営業、管理部門に必要な知識として評価する企業が増えている。

<日商簿記検定試験申し込み>
各商工会議所に問い合せして下さい。

<日商簿記検定試験解答>
インターネットで検索すると良い。

<日商簿記検定試験合格発表>
6月、2月、11月

<日商簿記検定試験合格率>
20数%から50数%


(2)対応地域

このテキストは、東京・大阪・名古屋・福岡等の主要都市は
もちろんのこと、北は東北・北海道から、南は九州・沖縄まで
全国各地に対応しております。
もちろん、愛媛や高知などの四国地方もOKですよ。 
posted by タカ4 at 20:24 | Comment(0) | 簿記3級 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。